交通事故について

交通事故によって運動器(骨、神経、関節、筋など)が損傷を受けたという場合もご受診ください。その際は、受診時に必ず交通事故によるケガや痛みであるということをお伝えください。この場合は、健康保険の対象外となります。また、警察での事故手続きや保険会社への対応についてもアドバイスさせていただきます。

なお交通事故に遭われた方の中で最も多い訴えは、むち打ち(外傷性頸部症候群)、骨折、打撲といったものです。また、事故直後はこれといった症状はなかったのに数日が経過してから痛みなどを訴える患者様も少なくありません。このようなケースでは症状を慢性化させることもあるので、交通事故に遭われた場合は自覚症状がなかったとしても一度ご受診されるようにしてください。

当院では、各種検査を行っていき、ケガの程度や症状などについて診ていきます。MRI撮影が必要な場合は、当院の連携先でもある土浦協同病院などを紹介します。治療では、患部の治療だけでなく、医師の指示に基づいた理学療法士による運動器リハビリテーション(運動療法、物理療法)を受けるなどして機能の回復も目指していきます。

また示談交渉の際に必要となる後遺障害診断書の作成も行っていますので、お気軽にお問い合わせください(費用については自己負担になることもあります)。

交通事故を起こした場合

患者様が交通事故を起こした場合ですが、まず警察に連絡をし、事故証明書等を発行しておかなくてはなりません。ご自身がケガをした、もしくはお相手や同乗者をケガさせた場合は、必ず人身事故として届け出ます。この届け出(人身事故の証明)は、損害保険会社から賠償を受ける際に必要です。くれぐれもお忘れのないようにしてください。

なお交通事故によるケガは保険証で治療を受けられることもできます。その場合は、患者様が加入されている公的医療保険制度(国民健康保険、協会けんぽ、組合健保、共済組合 など)に「第三者行為の届け出」が必要になります。そのため事故を起こした相手方の情報も知っておくようにしてください。