スポーツ整形外科とは

スポーツによって引き起こされたケガを中心に診療していきます。日常生活でみられる整形外科疾患と異なって特殊でもありますので、一般整形外科とは別の診療科で対応いたします。

このスポーツによって引き起こされる傷害については、大きくスポーツ外傷とスポーツ障害に分けられます。スポーツ外傷は、スポーツの最中に起きた強い外力によって組織が損傷されてしまっている状態で、骨折、靭帯損傷、肉ばなれなどのことを言います。スポーツ障害は、慢性的に起きる組織損傷のことで、同じスポーツ(競技)をやり続けることによる、繰り返しの動作が負荷となって発生してしまう障害のことで、疲労骨折や腱鞘炎などが対象となります。

主なスポーツ外傷とスポーツ障害

スポーツ外傷

突き指、打撲、骨折、脱臼、捻挫、切り傷、靭帯損傷、腱断裂、肉離れ など

スポーツ障害

野球肩、野球肘、テニス肘、テニスレッグ、ゴルフ肘、ランナー膝、ジャンパー膝、アキレス腱炎、疲労骨折 など

スポーツ傷害に適したリハビリも行います

当診療科は、スポーツによる外傷や障害の治療のみを取り扱うだけではありません。スポーツ整形外科を受診する患者様の多くは、治療後も同様のスポーツ(競技)を行うケースが大半です。そのため、再発予防に注力したリハビリテーションのプログラムを医師の指示のもと、理学療法士が作成していきます。その内容とは、患者様の身体状態の評価に基づいた運動指導、筋力トレーニング指導、姿勢指導、ストレッチ指導といったものになります。

スポーツ傷害をできるだけ予防していくには、筋力強化、ストレッチング、スポーツ時の正しいフォームの確認といったことも大事ですが、運動前のウォーミングアップの重要性、運動中の適度な水分の補給、オーバートレーニングといったことにも注意しながら、指導とリハビリを行っていきます。

プログラムについては、早期回復と今後の予防対策に注力していくほか、重症度、年齢・性別、種目などの詳細な要素も十分に考慮したうえで作成していきます。