スポーツでの怪我でお悩みではありませんか?

スポーツでの怪我は大きく分けて2種類に分別されます。
スポーツ外傷(一回の大きな力で起こるもの:捻挫や脱臼など)
スポーツ障害(繰り返しのストレスで起こるもの:疲労骨折やオスグッドシュラッター病など)
どちらもプレーに支障をきたしますが、外傷と異なり障害は、「練習しながら治す」・「気合いが足りないから」というように軽視されがちです。
また、成長期の怪我は痛みを放置・我慢しがちですが、骨が分離したまま・関節が変形したまま成長すると、普段の生活にも影響が出てしまいます。
そのため、必ず整形外科の診察を受けていただきたいです。

ただ安静にすれば良いわけではない

怪我後の対応といえば、練習を休んで湿布剤などを貼り、痛みがなくなれば再開するといった形を取る選手が多いと思います。
しかし、そのような対応をしていると、同じ場所の痛みを繰り返す、治るまでに長い期間がかかる、多少痛みがある中でプレーしている。そんな選手も多く見受けられます。
また、安静期間中に運動しないことにより筋力や持久力が低下しているのに気づかず、復帰後に別の場所を怪我してしまうこともしばしばあります。
こういった選手が多くいるため、安静にするだけでなく痛みが起こる原因を明確にし、改善する必要があります。

当院での治療

当院では医師と理学療法士が綿密に情報共有し治療に当たります。医師はレントゲンやエコーを用いて局所(痛みのある部分)の原因を特定します。それを受け、理学療法士は物理療法や自主練指導を通して、局所への痛みの改善のほか、痛みが出現した直後からでも早期復帰に向けて患部外の運動を始めていきます。

野球やサッカーに強いスタッフも在籍

各種スポーツ疾患に対応していますが、投球動作指導やキック動作指導が出来る理学療法士も在籍しています。
柔軟性や筋力が改善しても痛みがぶり返してしまう選手の中にはフォームに問題がある選手もいます。動画を撮影し問題点を見つけ出すことで再発の予防にも力を入れています。

主なスポーツ外傷とスポーツ障害

スポーツ外傷

突き指、打撲、骨折、脱臼、捻挫、切り傷、靭帯損傷、腱断裂、肉離れ など

スポーツ障害

野球肩、野球肘、テニス肘、テニスレッグ、ゴルフ肘、ランナー膝、ジャンパー膝、アキレス腱炎、疲労骨折 など