当院の野球のリハビリについて

当院のサッカーのリハビリについて

当院のスポーツ整形外科の特徴

  • 理学療法士による個別リハビリ
  • 競技復帰までをしっかりサポート
  • 再発予防のフォーム
  • 身体作りもサポート
  • 各種スポーツの特性に合わせたリハビリ

スポーツでの怪我でお悩みではありませんか?

スポーツでの怪我は大きく分けて2種類に分別されます。
スポーツ外傷(一回の大きな力で起こるもの:捻挫や脱臼など)
スポーツ障害(繰り返しのストレスで起こるもの:疲労骨折やオスグッドシュラッター病など)
どちらもプレーに支障をきたしますが、外傷と異なり障害は、「練習しながら治す」・「気合いが足りないから」というように軽視されがちです。
また、適切な治療を行わずに無理して運動を続けていると、うまく治癒せずに痛みが残存したり、再発を繰り返す場合があります。
そのため、必ず整形外科の診察を受けていただきたいです。

適切な治療が重要です

怪我をして痛みがあっても大事な試合があるので休めない、などの理由で安静にせずに無理して競技を続ける選手もいます。
しかし、そのような対応をしていると、逆に治るまでに長い期間がかかる、同じ場所の痛みを繰り返す、ずっと痛みがある中でプレーしている、そんな状態になってしまうケースも多くみられます。
また、痛みが取れたとしても、筋力や持久力が衰えた状態で急に運動を再開することにより、復帰後に別の場所を怪我してしまうこともしばしばあります。 試合が近い場合や、どうしても休めない場合など、患者さまそれぞれの状況を考慮しながら適切な加療を選択してサポートしていきます。

当院での治療

当院では医師と理学療法士が綿密に情報共有し治療に当たります。医師はレントゲンやエコーを用いて局所(痛みのある部分)の原因を特定します。それを受け、理学療法士は物理療法や自主練指導を通して、局所への痛みの改善のほか、痛みが出現した直後からでも早期復帰に向けて患部外の運動を始めていきます。

また、当院では医科学的理論に基づいた指導で、スポーツの外傷・障害の治療だけではなく、患者さまをスポーツ復帰までをサポートすることを重視しております。日常生活への復帰を目的とする「メディカルリハビリテーション」だけではなく、怪我の復帰からスポーツのパフォーマンス向上までをサポートする「アスレティックリハビリテーション」を積極的に取り入れております。 希望するスポーツにはなかなか復帰できずにいるスポーツ選手やスポーツ愛好家、怪我やスポーツ障害を繰り返して結果を出せずに悩んでいるアスリートの方も、ぜひお越しください。

野球やサッカーに強いスタッフも在籍

各種スポーツ疾患に対応していますが、投球動作指導やキック動作指導が出来る理学療法士も在籍しています。
柔軟性や筋力が改善しても痛みがぶり返してしまう選手の中にはフォームに問題がある選手もいます。動画を撮影し問題点を見つけ出すことで再発の予防にも力を入れています。

当院では野球やサッカー以外でのスポーツでも、陸上、ランニング、ゴルフ、バスケットボール、バレーボール、バレエ、格闘技など様々なスポーツで生じる痛みで来院される患者さまも多いです。各種競技特性に応じた診断、治療を行いますのでお気軽にご相談ください。

主なスポーツ外傷とスポーツ障害

スポーツ外傷

突き指、打撲、骨折、脱臼、捻挫、切り傷、靭帯損傷、腱断裂、肉離れ など

スポーツ障害

野球肩、野球肘、テニス肘、テニスレッグ、ゴルフ肘、ランナー膝、ジャンパー膝、アキレス腱炎、疲労骨折 など