関節リウマチの自覚症状

朝の手指のこわばり、関節の腫れ、痛みなど

病気になりやすい人

女性(女性患者が男性患者の4倍と言われています)
30〜50歳代

関節リウマチとは

免疫の異常により、主に手足の関節が腫れたり傷んだりする病気です。女性がかかりやすく、30〜50歳代で多く発症します。進行すると、骨や軟骨が壊れて痛みや動きの制限が出ます。人のからだには、最近やウイルスなどの外敵から体を守る仕組み(免疫)があります。この仕組みが異常を起こし、関節を守る組織や骨、軟骨を外敵とみなして攻撃し、壊してしまうのがリウマチです。その原因はまだよくわかっていませんが、体質的にかかりやすい人が、細菌やウイルスの感染、過労やストレス、喫煙、出産や怪我などをきっかけに発症することがあります。家系内で発症することもありますが、一般にそれほど強い遺伝性はありません。

症状の経過

リウマチの炎症は長引けば長引くほど関節にダメージを与えます。初期には、手が開きにくい、手足を動かそうとするぎこちない、関節の屈伸を不自由に感じるなどの症状が現れます。
また、手指や手首など様々な関節に腫れや痛みがみられます。このような関節の腫れや痛みが続くことで、関節や骨が破壊され、変形するようになるのです。 1度傷んでしまった関節を元通りに戻すことは難しいです。

当院における関節リウマチの治療

関節リウマチの治療

診断は症状、血液検査、レントゲンや超音波などの画像検査を総合して行われます。
治療は主として薬物治療であり、病気の進行を抑えて関節が破壊されるのを防ぎます。また当院では薬物治療だけでなく、物理療法や運動療法などのリハビリテーションも積極的に行っております。リウマチの薬は高価な薬や副作用に注意して使わなければならない薬もありますが、適切な薬を使うことで、ほとんど痛みのない状態まで改善させることも可能です。

リウマチは早期の受診が大切です

先述のように、リウマチの炎症は長引くほどに関節の被害が大きくなります。早期の発見、早期からの治療を行なえば、日常生活にほとんど支障がなく症状を抑えることが可能ですので、不安や心配がある方はどうぞ当院へお気軽にご相談ください。