腰痛とは

腰痛は国民病とも呼ばれ、日本人の腰痛の生涯経験率は70%とも言われています。この腰痛を訴える患者様の中で原因が特定されている場合を特異性腰痛と言います。これは、変形性腰椎症(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)、脊椎外傷、関節リウマチといったケガや病気によるものですので、原疾患などの治療を優先的に行っていきます。

ただこのように原因がはっきりしているケースというのは全体の15%程度で、残りの85%ほどの患者様は原因不明の腰痛になります。これを非特異性腰痛(腰痛症とも呼ばれる)というのですが、この場合は原因とされる疾患もしくは病態や受傷機転といったものが確認できず、神経症状もみられません。そのため、筋疲労、運動不足による筋力の低下、姿勢の悪い状態が長期間続けているといったことが引き金となって起きるのではないかと言われています。このほか、寒冷や精神的なストレスといったことが関係していることもあります。

なお非特異的腰痛は、いわゆるぎっくり腰によって引き起こされることが大半と言われています。これは無理な動作を急激に行った際に起きる急性腰痛(非特異的急性腰痛)のことです。腰部の捻挫、椎間板、腱、靭帯などの損傷によって起きると考えられていますが、実際にどの部分が損傷したかを判定するのは極めて困難です。そしてこの非特異的腰痛が3ヵ月以上続いていると非特異的慢性腰痛と診断されます。

主な症状ですが、急性腰痛の場合は腰部近辺に激痛がみられるほか、腰椎付近での運動制限、屈曲するのが困難といったことがみられるようになります。また慢性腰痛では、腰全体にだるさや重さ、痛みなどがみられ、これによる抑うつ状態や身体表現性障害などの心の症状が現れることもあります。なお、ぎっくり腰の多くは、1ヵ月~1ヵ月半程度の期間で軽快するようになります。

治療について

治療に関してですが、非特異的腰痛で痛みがある場合は、NSAIDsなどの鎮痛薬による薬物療法や神経ブロック注射のほか、腰痛ベルトで患部を固定する装具療法などの保存療法を行います。また痛みがそれほどでもなければ、無理のない程度で、筋力の強化、ストレッチなどの腰痛体操やウォーキングなどの有酸素運動といった運動療法を取り入れるようにしてください。このほか、うつなどがみられていれば抗精神薬(抗うつ薬、抗不安薬 など)を処方することもあります。

頚部痛とは

頸部とは首のことで、首が痛い状態を頚部痛と言います。この場合、整形外科領域であれば、筋肉や関節によって引き起こされるケースと神経の痛みが原因の2つのことが考えられます。

筋肉や関節が原因の場合は、首や肩いわゆる頚肩部に痛みが集中していることが多く、肩こり(筋・筋膜性疼痛)、頸椎椎間板症(上肢にも症状があるようなら頚椎椎間板ヘルニアが疑われる)、頸椎椎間関節症といったことが考えられます。また可能性として内臓の病気が原因で肩の周辺に痛みが出ることもあります。例えば右肩に痛みがあれば、何らかの肝臓疾患や胆嚢の病気が、左肩に痛みがあれば虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)を発症している疑いもあります。

また頚肩部から腕にかけて、しびれや痛みがあるという場合は、神経が障害を受けていることによる痛みと思われます。この場合は頚椎椎間板ヘルニアや胸郭出口症候群といったことが考えられます。神経が原因であれば、障害を受けている箇所でしびれや痛みが現れるほか、運動障害がみられていることも大半です。

頸部痛がみられる代表的な疾患(整形外科領域)

頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、肩こり、頸椎捻挫(寝違え、むち打ち症)、頚椎症性脊髄症、胸郭出口症候群、頸部椎間関節症 など