リハビリテーション科とは

整形外科で行われるのは、医学的リハビリテーションの中の運動器リハビリテーションです。運動器リハビリテーションには、理学療法、作業療法、義肢・装具療法がありますが、当院では在籍する理学療法士(PT)による理学療法が中心となります。

そもそも運動器での病気やケガというのは、運動機能を低下させることがほとんどで、活動性も低下してしまいます。この状態が続けば、やがて廃用症候群となって、体力低下(肺活量が少なくなって呼吸が浅くなる など)、筋や骨の萎縮、関節拘縮などがみられるようになります。このような状況を防ぐために理学療法などを行っていくのが運動器リハビリテーションなのです。

なお理学療法士とは、日常生活で必要とされる、座る、歩く、立つといった基本動作能力が、ケガや病気による障害によって機能が低下、あるいは低下が予測される患者様に対して、その機能の回復や維持、悪化の予防を目的として、理学療法(運動療法、物理療法)を行い、自立した日常生活が過ごせるようサポートしいく、国家資格の医学的リハビリテーションの専門職です。

リハビリテーションの対象となる主な症状(例)

  • 首や肩が痛い
  • 腕が上がらない
  • 手足がしびれる
  • 腰が痛い
  • 歩くと膝が痛む
  • けがで体がよく動かない
  • 体を動かすと痛みがはしる
  • 手術後のリハビリテーション など

理学療法について

理学療法は大きく、運動療法と物理療法に分けられます。これらを行うことで、日常生活で必要とされる基本的な動作能力の回復、維持を図っていきます。それぞれの内容につきましては次の通りです。

運動療法

主に体を動かしていくことで、身体機能や運動機能を改善あるいは維持していくのが運動療法で、運動器リハビリテーションの基本とも言われています。同療法によるプログラムは、医師の指示を受けた理学療法士が作成しますが、患者様にみられている症状によってその内容は一人一人異なります。

よく行われる代表的な運動療法としては、関節可動域訓練(関節拘縮の予防、改善)、筋力増強訓練(安静時や麻痺によって低下した筋力を鍛える)、歩行訓練(歩行動作の安定化、病気やケガをしている足の歩行時の負担を減らすための訓練)、持久力訓練(主に心肺機能を鍛える)、運動協調性訓練(姿勢や運動パターンが正常化するようにしていく)といったものになります。

動きにくくなった身体をできるだけスムーズにさせていくというのは容易ではありませんが、これらのプログラムを理学療法士がサポートしながら、ひとつひとつ丁寧に行っていきます。PTは一緒にトレーニングをする気持ちで日々励んでおります。相談ごとはいつでもお気軽にどうぞ。

物理療法とは

物理的なエネルギー(熱、水、光、電気 など)によって患部などに刺激を与え、これによって引き起こされる生体反応を用いることで、機能の正常化を図っていくという治療法になります。主に血行の改善、痛みの緩和、関節可動域の改善、筋力を強化するといった効果が期待できるほか、運動療法によるリハビリをよりスムーズにさせるために利用することもあります。

代表的な物理療法としては、ホットパックを患部に当てて血流を増加させ、疼痛の軽減の効果があるなどの温熱療法、様々な周波数による電気刺激を患部などに当てるなどして神経や筋を刺激することで疼痛を軽減、筋の萎縮を予防していく電気療法、水の流れや水圧を利用してマッサージ効果や筋力強化が得られるとされる水治療法などがあります。

リハビリって何するの?

物理療法(電気・温熱)と運動療法を併用して、機能改善・筋力向上を目指します。

リハビリテーション機器はこちら

肩関節周囲炎に対してどんなリハビリをするの?

痛みを和らげる目的で、電気療法(ハイボルテージ)を行います。
痛みが緩和してきたら、可動域改善・筋力増強を目的としたリハビリを進めていきます。
また、自宅でも行えるエクササイズの指導を行い完全回復を目指します。

変形性膝関節症のリハビリ

まずは運動療法を中心にリハビリしていきます。太ももの筋肉を鍛えることで膝が安定すると痛みが和らぎます。
肥満の方は膝関節に過剰な負荷がかかってしまうため、減量し負荷を減らすことが重要です。エアロバイクを使用し、関節への負担を減らした状態で運動していきます。
生活に支障が出るほど痛みが強い場合、薬・注射などを使用します。動作時の痛みには杖の使用・膝のサポーターも有効です。
それでも痛みが治まらない場合には手術を選択する方もいます。

腰痛に対するリハビリ

まずは、痛みの強さやどのような痛みがいつでるのかを確認します。
姿勢や筋力を評価し、患者様に合わせた運動指導を行っていきます。
さらに、下肢にしびれや重だるさがある場合、牽引や電気・温熱治療を併用しながらリハビリを進めていきます。