このようなお悩みはございませんか?

  • 踵が痛い
  • 足の裏が痛い
  • 外反母趾が痛い
  • 膝が痛い
  • 歩くと足の裏やふくらはぎがすぐに疲れる、痛みが出る。

これらの症状の原因は、足のアーチと呼ばれる構造が崩れているために起こっている場合があります。アーチの乱れによって、体重をうまく分散させることができず、足やふくらはぎ、膝などに負担がかかっている場合が多く見られます。このような方に対して当院では医師監修のもと、専用の機械で足の重心圧の分布を計測し、正しい荷重分布になるようにオーダーメイドでインソールの作成をし、治療を行うことができます(インソールとは靴に入れる中敷きのことです)。当院では保険適用となる治療用装具を取り扱っております。

インソールについて

インソール適応疾患の例

  • 変形性膝関節症
  • 外反母趾
  • 偏平足
  • 足底筋膜炎
  • 開張足(タコ)
  • 鶏眼(魚の目)
  • 有痛性外頸骨
  • ジャンパー膝
  • シンスプリント
  • 凹足(ハイアーチ)
  • 種子骨炎(種子骨障害)
  • 膝蓋大腿関節症候群

当院のインソール治療について

当院ではオーダーメイドインソールを作成しています。専用の機械による重心バランスの測定・分析の結果に基づき、一人ひとりのお悩みにあったインソール治療を提供いたします。下図のような形で重心の測定が可能です。

当院のインソール治療について①

例えば、下記のように足底圧が分析されます。

当院のインソール治療について②

このように分析・作成したインソールには、クッション性だけでなく、重心バランスを整える効果が期待できます。使用することで身体の傾きを正しい姿勢に導きますので、関節にかかる負担が減り、痛みの軽減効果が期待できます。
またインソールを使用することで、脚部のお悩みだけではなく、腰や肩こりなどの症状の改善が見られた例もございます。これらの症状は姿勢がゆがむことで発症することもあるため、インソールで重心バランスを整えることで、身体の疾患改善の相乗効果を望むことができます。 インソール治療の詳細については、医師までお尋ねください。

インソール治療の流れ

  • ①問診
    痛みなどの症状やその他全身の状態、運動やお仕事などの生活状態、患者さまのご希望など、詳細に伺わせていただきます。
  • ②状態観察
    医師や義肢装具士が、足の状態の確認や歩行動作の分析を行わせていただきます。
  • ③インソール作成
    専用の機械に乗っていただき、足形や重心バランスを測定いたします。数秒で採型が完了します。ご来院後、約1週間後にインソールが完成します。
  • ④アフターフォロー
    定期的に足の状態や動作の評価を行います。修繕が必要な際はその都度ご対応させていただきます。

※あくまで一例でございます。詳細は医師までお尋ねください。

よくあるQ&A

インソールは保険適応になりますか?
はい。保険適応でございます。
一度、全額立替払いが必要となりますが、申請を行っていただくことで、自己負担額を差し引いた額が還付されます(療養費償還払いといいます)。申請を行ってから、おおよそ1~2か月ほどで還付されます。
装具代金や申請方法などは、装具製作業者(毎週:水曜日午後・金曜日午後)が採寸の際に詳しく説明いたします。
部活動やスポーツには使えますか?
使用していただいて構いません。
インソールを使用していただくことで足の負担の軽減と重心バランスの改善が得られ、パフォーマンスアップや怪我の予防に繋がります。
インソールはどんな靴にでも入りますか?
はい。基本的にはどの靴にも入れることができます。もし、メインでインソールを入れて履きたい靴等があれば計測時にご持参ください。その靴に合わせて微調整も可能です。
以前お店や他院でインソールを作ったことがあるのですが、違いはありますか?
当院のインソールは、自分の重心バランスを測定し、それを修正するように作ることができるのが特徴です。重心バランスの乱れはその人それぞれによって異なります。できあいのものでは自分の足にあっておらず、効果が得られない場合があります。過去に別のインソールを作ったことのある方でもぜひ一度ご相談いただければと思います。
インソールの耐用期間はどのぐらいですか?
使用方法にもよりますが、基本的には最低でも1年半は使用可能です。
インソールを使用してどのぐらいで効果がありますか?
個人差はありますが、インソールを入れてすぐに支えられている感じがする、楽だ、痛くない、といった効果を実感する方を多くみられます。履いた直後はあまりわからない方でも、1−2ヶ月で重心バランスが改善していき、症状が取れてくる人もいます。インソールを作って終わりではなく、使用感や重心バランスの変化をチェックしながらフォローしていきます。